taylor-swift
英語学習 / Learning English

【Taylor Swift】テイラーで英語を学ぼう!

ケベック在住主婦ブロガーHarupakaです。今回は、ニューヨークタイムズによるTaylorの新曲「Lover」発売を記念したインタビューで英語を学んでいきましょう。 実際のYouTubeの動画にもニューヨークタイムズ編集による字幕が付いていますが、Taylorなど登場人物のリアルな喋り方、例えば、Taylorだけじゃなくネイティブスピーカーが本当に良く使う、「like」などが書いていないので、そういう点をさらに足して、ネイティブがどういうタイミングで 「like」 を使うのかなど分析していきましょう。

インタビュー動画を聞きながら、英文と日本語訳(直訳ではなく自然な言い方を採用)を見ていく体で書いていきます。会話の聞き取り中心にやりたいので、 「Lover」 の歌詞の部分は省いてあります。

※ sth: something(何か) / sb: somebody(誰か)

  • [man] Hello.
  • こんにちは

  • [Tay] Okay, it’s happened. We’re in business.
  • はい、やっときましたね。(仕事を)始めましょうか。

be in business: to have everything that you need in order to be able to start something immediately (必要な条件が整ったので始める、具合がよくなる)


  • [Alex] How is this?
  • これはどう?

  • [man] I like it, Alex. Do you always keep instruments near your bed in case inspiration strikes?
  • いいんじゃない、Alex。いつも、急にアイディアがひらめいたときのために、ベッドの横に楽器が置いてあるの?

instruments: 1. a tool or device used for a particular task, especially for delicate or scientific task [ex: surgical/optical/precison instrument] 機器 2. musical instrument 楽器


  • [Tay] Umm well I have a piano, near me all the time, umm and I always have a good, yeah the answer is yes.
  • うん、そうだね。ピアノはいつも私の近くにあるし、いつもいい、、答えはYesだね。

  • [Tay] I’ve never really been able to fully explain songwriting other than it’s like this little like glittery cloud floats in front of your face, and you grab it at the right time. And then, you revert back to what you know about the structure of a song in order to fill in the gaps.
  • きらきらした雲が顔の前にあってそれをタイミングよく捕まえるみたいな抽象的な話以外は、ほんとに作詞について話す機会がなかったんだよね。それで、足りないところを埋めていくために、曲の構造について知ってることを思い返すの。

other than A: except A (A以外は、Aを除いては)

in order to do sth: with the purpose or intention of doing or achieving sth  ~するために


  • [man] Where were you the moment inspiration struck?
  • 今回の 「Lover」 を思いついたその瞬間はどこにいたの?

  • [Tay] It was, I was in bed.
  • うーんと、ベッドにいたわ。

  • I was in Nashville. I got out of bed. I think it was really late at night, and like stumbled over to the piano.
  • ナッシュビルにいて、ベッドから出て、結構遅い時間だったんだけど、えっと、ふらふらしながらピアノのとこまで行ったの。

stumble: to walk in a way that does not seem controlled (=ふらふらしながら歩く)

stumbled over to the piano: ベッドから飛び起きて、ふらふらしながら急いでピアノに飛びつくイメージ。もし、stumbled over the piano だったら、ピアノをつまずきながら弾く(すらすらは弾けてない)になりますが、to the piano なので stumbled over の熟語ではないと判断できます。Overの詳しい用法については別記事で書いた 【English】 Prep. over vs beyond をご参照ください。今回の「over」は、ベッドからピアノへの移動という感じですね。


  • [Tay Voice Memo] Okay, so I had this idea that’s like obviously I don’t know the verse, whatever yet, but I have a pretty cool, really simple, beautiful chorus idea called “Lover”.
  • はい、新しいアイディアが降ってきたんだけど、まだぜんぜん歌詞やその他詳細は決まってないけど、「Lover」っていうめっちゃすてきな、かつシンプルで、きれいなコーラスのアイディアを思いついたの。

verse: a group of lines that form a unit in a poem or song   (詩の一行)


  • [Tay] I’ve been thinking for years, god, it would just be so great to have, like a song that people who are in love would want to dance to, like slow dance to. In my head, I had like just the last two people on a dance floor at 3 a.m., swaying.
  • 何年も考えてたんだけど、恋してる2人が踊りたい、特にゆっくりとしたダンスを楽しむような感じの歌を作れたらいいなぁって。私のイメージでは、ダンスフロアにたくさんいたほかのお客さんは帰って、2人だけ残ってるの。夜中の3時に。で、ゆっくりロマンチックに揺れる的な。

sway: to move slowly from side to side   (ゆっくり左右へ動く)


  • [man] What did you have in your mind? Was it a title? Was it a lyric? Was it a melody?
  • (そのとき)どんなイメージ・アイディアがあったの?曲のタイトル?歌詞?メロディー?

  • [Tay] It was not, ah it was, “Can I go where you go? Can we always be this close?”
  • なんて言うか、まず「あなたが行くところに一緒に行ってもいい?」「私たちはこれからもずっとこんなに近くにいれる?」

  • [Tay] I wanted the chorus to be like these really simple existential questions that we ask ourselves when we’re in love. ‘Can I go where you go’ is such a heavy thing to ask somebody. ‘Can we always be this close?’ has so much fear in it, but so does love.
  • 歌詞は、恋してるときに自分自身に問いかけちゃうような、みんなが恋を通して経験するような簡単な質問みたいな感じにしたかったの。「 あなたが行くところに一緒に行ってもいい? 」なんて、誰かに聞くには重い質問だし、「私たちはこれからもずっとこんなに近くにいれる?」はまだ恐怖や不安がある感じ。 恋愛もそうでしょ。

[倒置] so does love: 恋愛も同じ [example] So do I = me too / So do they = them too


  • [man] When did you hit upon the word “Lover”?
  • いつ、「Lover」って言葉にしようと思いついたの?

hit upon sth: to have an idea or discover sth suddenly or unexpectedly 思いつく、ひらめく


  • [Tay] Oh, I’ve always liked that word, but I’ve never used it in like, in everyday life, you know. When people are like ‘That’s my lover over there.’ or calling each other ‘Lover’ like I’ve never done that, but I’ve always loved it in the context of poetry or songs.
  • ずっと「Lover」って言葉が好きだったんだけど、日常生活で一度も使ったことがなかったの。わかるでしょ。もしみんなが「あ、あそこにいるの私の愛する人」みたいな使い方や、恋人同士「愛する人」って呼び合ったりっていう、今まで一度もやったことないような。でもいつか詩や歌を書くときにぜひ使ってみたいなって思ってたの。

  • [man] It’s a polarizing word like some people are like ‘Ugh, that word gives me the creeps.
  • 好きな人と嫌いな人が分かれそうな言葉じゃない?「ちょっとぞっとするわ」みたいな。

polarize: to divide into clearly separate groups with opposite beliefs, ideas, or opinions, or to make people do this (賛否両論)

give sb the (cold) creeps: if a person or place gives you the creeps, they make you feel nervous and a little frightened, especially because they are strange(人をぞっとさせる)


  • [Tay] Well, anything I do is polarizing, so you know, I’m used to that.
  • うん、私がやることすべて賛否両論あるもん。だから慣れてるわ。

be used to (doing) sth: to have experienced something so that it no longer seems surprising, difficult, strange etc (慣れる)


  • [man] Fair enough.
  • そうだね。

fair enough: used to say that you agree with someone’s suggestion or that something seems reasonable  (何かに同意するとき、理に適ってる場合。口頭表現)


  • [man] So how much of the song did you get done that night at the piano in Nashville?
  • じゃあ、曲のどれくらいの部分までその(ナッシュビルのピアノの)夜に出来上がったの?

  • [Tay] The whole thing.
  • 全体。

  • [Alex] She sent me that voice note. Whether it’s a whole song or just a little thing from her, I’m always, I sort of get this big jolt, and I listen and like I block out the whole world for a minute. Every lyric and melody was right there and I was like ‘… get on the plane’. She came in the next day. She sat right there. She played it.
  • テイラーは僕にボイスノートを送ってきたんだ。いつも、1曲全体でも曲の一部だけでも、どっちにしろ大きな衝撃みたいな感じでね、受け取った瞬間聞いて、外部とのコネクションを一切たって送られてきた曲に集中するんだ。すでに歌詞もメロディーも準備できてて、「飛行機に乗りなさい」って。次の日彼女が来たよ。まさにここに座って、それを弾いたの。

jolt: a sudden shock  (衝撃)


  • [Tay] It’s basically I don’t see it as piano. I think it’s that like kind of dreamy, guitary, throwback, but not like a camp throwback.
  • 基本的に、ピアノって感じじゃないの。なんか夢を見てるような、ギターっぽい音で、過去に戻るような、でも camp throwback じゃないよ。

camp throwback: 子供の林間学校に対する造語で、大人になって子供の頃に戻ったように夏にキャンプに遊びに行くアクティビティのこと。ギターの話をしていることから、キャンプファイアーの周りでギターのリズムに合わせてみんなで歌うキャンプファイアーの歌と比較していると思われる。


  • [staff] I know what you mean.
  • わかってるよ。

  • [Tay] So,
  • じゃあ、

  • [Alex] I thought it was the perfect song, which is, which is really interesting because it’s almost like (ah..) even more of a duty to do it right.
  • 興味を引かれるような最高の曲だと思ったんだよね。なんていうか、やらなきゃいけないこと以上って感じ。

  • [staff] That seems so much better.
  • めちゃ良くなってるよ。

  • [Tay] Yeah, I love the walk down.
  • この演奏が下がる感じが好き。

  • [staff] That really fixes that part.
  • ほんとに良くなったね。

  • [Tay] I love the walk down.
  • この演奏が下がるところいい!

  • [staff] That was the only thing that…
  • そこだけが、、

  • [Tay] I was trying to figure out, what the hell is gonna happen there? So the…
  • いったいどうなっちゃうんだろうって、分かろうとしてたんだけど、、

  • [staff] That makes it so much better.
  • めっちゃいいねぇ。

  • [Laura] When I’m working with Jack and Taylor, I’m working with two extremely creative people who are bouncing ideas back and forth so fast. So my job is to basically not slow them down in any way.
  • ジャックとテイラーという2人の、次々に新しい意見が出てくるすばらしい才能の持ち主と仕事をしてるの。だから私の仕事は基本的に彼らの集中を切らせないことかな。

bounce back and forth:  (複数の人が考えをあれこれ検討する)

in any way: どんな方法を使っても  *anyway「とりあえず」ではないので注意!


  • [Alex] Laura’s been by my side for every record I’ve made pretty much since people started listening to any of my records. We are all, three of us are in that process together.
  • ローラは、僕の関わったCDが色んな人に聞いてもらえるようになってからずっと一緒に働いてくれてるんだ。だからこの3人でいつもこの作業を一緒にしてるの。

three of us: 我々3人。 会話でよく出てきます。two of you(あなたたち2人), four of us(我々4人)などなど。


  • [Tay] We’re just like UGH! like it’s just fun. We are fully, fully acting on impulse. And we’re acting on intuition, and we’re acting on like excitement and like oat-milk lattes.
  • めっちゃ楽しみながら、思いつきで仕事してるの。直感も大事にしてる。あとはわくわくとオートミールラテみたいな。

act on impulse: do something because you have a sudden desire to do it (思いつきで行動する)


  • [Alex] I remember the first thing I did was I went into the live room, which is right there. And at that time I had listened to a lot of Violent Femmes recently, and I was excited about how much feeling you could get out of a snare drum if it was a brush. And I just remember going in and going ‘psh’, one brush. I wasn’t even really playing drums. I just kind of had one brush. I just…
  • まず最初にしたことはすぐそこにあるライブルームに行って、そのときはよく Violent Femmes の曲を聴いてたの。そしてもしブラシを使って小さいドラムを叩いたら、どれだけの雰囲気がこの小さいドラムから出てくるんだろうってわくわくしたの。たしかこんな風に1本のブラシでポンッって。僕はあんまりドラムは叩いてないんだけどね。1本のブラシしかなかったって言うか。。

snare drum: 小太鼓、小さめのドラム

feeling: [singular] the atmosphere of a place, situation, etc. ([単数形で]場所や状態の雰囲気)ここでは人の感情ではなく snare drum について言っているので、英英辞書の9番目の意味です。

get out of sth: to avoid a responsibility or duty (やらなきゃいけないことを避ける)/ to stop having a particular habit (ある習慣を)やめる。はい、この熟語を当てはめようとすると今回はうまく訳せません。なぜなら、今回の文は、「get(使役 ~させる) / out of sth :~の外に出す」という風に分けて考えなければならないからです。


  • [Laura] We were using like real reverbs and real tape echoes. It gives a really special character to it where it does feel nostalgic.
  • 本物の電子楽器や本物のテープエコーを使ってて、ちょっと哀愁っぽさを出したいときにすごくいいの。

reverb: a sound effect that can be adjusted be electronic means to give music more or less of an echo  (電子楽器)


  • [Alex] The bass, which is a very, very, very special bass, belongs to the studio.
  • スタジオ所有のそのベース、めちゃめちゃ貴重なベースなんだよ。

  • [man] He was calling that the ‘Paul Bass’. Is that Paul McCartney?
  • Alexがさっき「Paulのベースって言ってたけど、ポールマッカートニー?」

  • [Tay] Yeah.
  • うん

  • [Paul] My old Hofner bass, my little baby. Come on baby.
  • 僕のへフナーベースちゃん。

  • [Tay] We were just referencing like what would Paul do. W.W.P.D.? The bass line is actually the hook.
  • ポールだったらどうしたかなって言うのを参考にしてたの。 W.W.P.D.? ベースのラインにすごく魅了されるよ。

  • [staff] It’s not a true ‘Paul bass’, though.
  • 本当の「Paulのベース」ではないんだけどね。

  • [Alex] It’s not a true ‘Paul bass’ at all, but it’s better at that ‘Paul thump’ than I’ve ever gotten out of the violin bass. The bass and the drum is sort of like if you just hear those two tracks, like the entire space is so, I think beautifully filled.
  • ぜんぜん本物の「ポールのベース」ではないんだけどね、「ポールのがよくやるバンッっていう音」が、今まで聴いたバイオリンベースの奏でる音よりも、はるかに良いんだよね。そのベースとそのドラムは、曲を聴いただけでもすぐ分かるんだけど、今いるこの空間全体を美しく埋めてくれるんだよね。

thumb: to hit something and cause a noise  (何かを叩いて音を出すこと、バンッという音)

be better at sth (= be good at sth): things we do well  (得意である、上手である。betterはgoodの比較級です。)


  • [Tay] In the studio, I’m like obsessively going over every lyric and making sure that’s what I want the final lyric to be. So I’ll be over like just do, in my notes, just like sharpen that, hone in on that, you know.
  • スタジオでは歌詞一つ一つをこれで良いか最終確認を異常なほどするの。自分のメモを見ながら何度も読み返して、研ぎ澄ますみたいな、磨きあげるみたいな感じ。

obsessive: thinking too much about one particular person or thing, in a way that is not normal  (異常なまでに何か・誰かについて考えている状態)

hone: to develop and improve something, especially a skill, over a period of time   (長めの時間を掛けて、技術などを磨くこと)


  • [man] Were there lines that changed in that process?
  • 歌詞はその過程の中で変わったの?

  • [Tay] Yeah, yeah, yeah, I had toyed with the idea of being like, we could leave the Christmas lights up till April.
  • うん、例えば「クリスマスの飾りを4月までそのままにしておく」みたいにちょっと遊んでたの。

  • [man] Doesn’t everyone leave their Christmas lights up till January?
  • え、みんなクリスマスの飾り1月まで出したままじゃない?

  • [Tay] But it’s not about that being a crazy thing. It’s about how mundane it is. It’s about like we could put a rug over there. We could do wallpaper, or we could do paint. When young adults go from living in their family to then combining their life with someone else, that’s actually like the most profound thing.
  • 違うよ、クレイジーじゃなきゃいけないってもんじゃなくて!日常がどういうものかってこと。例えばそこにカーペットを置こうとか、壁紙を変えたり、壁を塗り替えたり。若者が実家から出て生まれ育った家族以外の人と住むようになって。実際それって人生で深いことじゃない?

mundane: very ordinary and therefore not interesting  (日常の、ありふれた)


  • [Alex] To be just telling this story… I don’t know. It almost feels like an old story I’ve heard many times. I mean I guess it is, people falling in love.
  • この物語を伝えるってことは、うーん、なんか何回も聞いたことある昔話みたいな感じかな。人が恋に落ちる的な。

  • [man] Tell me about the importance of the bridge to you? I feel like you love a bridge. This is a special bridge. Talk to me about it.
  • ブリッジ効果を入れる大切さについて教えて。ブリッジ効果つけるの好きだよね?例えばこれは特に意味のあるブリッジ効果みたいなの。知りたいな。

bridge: a contrasting section that prepares for the return of the original material section  (特に洋楽で使われる、サビに戻るために盛り上がりを見せる場所。橋と区別するため、ブリッジ効果と私は訳しました。)


  • [Tay] I love a bridge. I love a bridge so much. I love like trying to take the song to a higher level with the bridge.
  • ブリッジ効果入れるの大好きなの。めっちゃ。ブリッジ効果で曲の盛り上がりを上げるのが好きなの。

  • [Alex] There’s these, sort of, hand-plucking strings and these kinds of flutes that are popping out.
  • 指でちょんって弦をはじくような、急に出てくるフルートの音とか。

  • [Tay] I wanted it to be, you know, the first time we introduced the idea of like vows.
  • 誓いを立てるときのようにしたかったの。

  • [Alex] Make it feel like a little wedding.
  • 小さな結婚式みたいなイメージに。

  • [Tay] I love to take a common phrase and twist it. So the bridge I took all these common phrases that we say about weddings. I like to add something that changes the phrase.
  • よく使われる言葉をちょっとひねって使うことが好きなの。ブリッジ効果は、結婚式で言うようなフレーズのところに使ったよ。何か普通の言葉が特別なものになるような変化をつけるのが好きなの。

  • [Alex] Without a bridge, a song can sort of feel almost like a jingle. You know here it’s driving through beautiful scenery, and you’re like mountains, trees. On my Got, right? And all of a sudden, you go through a tunnel, and you’re like ‘What the f***!’ And then it’s back. Mountains and trees, so beautiful. It’s like you need that third element to take you away from where you’ve been so you’re so excited to get it back. Specifically in “Lover”, when you come out of the bridge, you go back into the chorus, you’re just “phew”.
  • ブリッジ効果なしだとジングルみたいな感じになっちゃうんだよ。今車運転して景色がすばらしいところを通ってます、「あ、山だ!」「木だ!きれい!」みたいな。そして突然、トンネルに入って、「何?!」ってなったところにまたきれいな景色が見えてくるの。だから、1回聴き手の心を掴んでで急に離してその次を期待させるような第三の要素がすごく大事なの。とくにこの「Lover」は、ブリッジ効果の後半にコーラスに戻るの。そして、「そうそうそれそれ」みたいな。

  • [man] And it was all done in that one day.
  • そして全部1日で終わったね。

  • [Alex] Oh, yeah.
  • うん。

  • [Laura] I mean, I think we were all really excited when we left the studio that day.
  • 仕事終わってスタジオを出たときみんな発表するのが楽しみだったよね。

  • [Tay] Even if anybody had been like, I don’t think this one is great, I would have been like, well, I reject your feedback because I love this one.
  • もし誰かが、この曲はあんまり、、って言ったら、あまりにもお気に入りだからアドバイス拒否ろうと思ってた。

  • [Alex] It’s, it’s the perfect song, with, and tells that story perfectly pulls me right into where she wants, me, as a listener, to be. You’re my, you’re my, you’re my, you’re my, you’re my what? And then…
  • 完璧な曲だよ。歌詞の物語が、彼女の思うがままに、聴き手の僕を引き込んでいくの。あなたは私の、、何?って気持ちにさせてそして、

  • [man] Do you have guitar-string scars on your hands?
  • 手にギターの弦でできた傷があるの?

  • [Tay] Well, I mean I have like extreme calluses. You can’t see them, probably, but they are all, its, and you know, I have some from like just changing strings and not being very good at it. Do you know what I mean? Like somewhere, like you know, you’re like tuning, tuning, tuning. Pop! Ow…
  • うーん、ここにひどめのたこならあるけど、たぶん見えないね。全部曲を作ってて、メロディーとかをあーでもない、こーでもないってしてるうちに、言いたいこと分かる?何回も引いてると、急にパンッって!痛い、、

calluse: an area of thick hard skin   (皮膚が硬くなったところ、たこ)

You may also like these!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です