オンライン日本語教師

Preply 生徒が来ない!どうしたらいい?

こんにちは!ケベック在住のHarupakaです。


この記事では、Preplyで、もし生徒がレッスンに現れなかった場合私がどうしているか皆さんにシェアします。あくまでも、一例として参考にするところは取捨選択していただけますと幸いです。Preplyでは、その生徒が新しい生徒(トライアル)なのか、既存の生徒(2回目以降のレッスン)なのかによって対応が異なります。


初めてのレッスン(トライアル)の場合

その生徒と完全に初めてのレッスン(初対面)だったら、こちらが該当します。Preplyは、初回のレッスンにすごく情熱をかけているらしく、私たち講師は各生徒との初回のレッスンでは、お金がもらえません。ですが、生徒は全額(1時間分)きっちり払っています。

中には、前のトライアルの先生があまり良くなかったと言って、2人目以降となるあなたの1時間のレッスン代は0円で受けている生徒がいます。これは、Preplyが生徒第一に考えているから生徒を保護するためのものです。たまにこれを悪用して、複数の先生とトライアルだけを繰り返すケチな人もいます。

以前トライアル後、ブッキングが1か月なかったので、「私のレッスンあまり良くなかった?」という風にフィードバックをききました。そしたら、「レッスン代が高すぎて払えない」って返ってきました。「え!私の提示してある値段を見てトライアルしたんじゃないの?」と思いながらも、たぶんそういう1っ回こっきりな人も少なからずいるのでその後はフィードバックを聞くのも時間の無駄かな?と思ったので、いなくなる人も追わずの姿勢に変えました。大体は続けてくれるので、それが満足度が高いっていう印かな?と受け取っています。


さて、本題。たまにあります。初回のレッスンで生徒が来ない!

初回に限り、いくら生徒のミスで、生徒がすっかり忘れていて、私たち先生の貴重な商品の在庫=時間のスロットを奪ったとしても、私たち先生は、振替をしてあげなければいけません。これはPreplyによるルールなので、Preplyを使用している以上従わなければなりません。

なので、初回のレッスンで5分経っても来ないときは、私は待ちません。5分経っても来ない時点で、私はこういうメッセージを送っていました。

Hi XX! This is our first lesson and as per Preply policy, I have to offer you reschedule ONLY for the first lesson, if a student misses the class. Therefore, if you do not show after 5 minutes passed in the actual lesson time, I will no longer wait for you today. Instead, I will replace this booking to other random time so that you can adjust the time for the next lesson by your side. Due to different time zone, I will invite you to choose the lesson time by your side in order to avoid misunderstanding or any issue we can predict. Please let me know if you would like to have a lesson where I randomly placed so I can be ready for our lesson. I am looking forward to hearing from you soon!

こんにちは!今回は最初のレッスンだし、Preplyのルールもあるので、初回のレッスンに限り生徒さんがレッスンを忘れた際の振替をしなければいけません。したがって、(今からの1時間を無駄にしたくないから)5分以上は待ちません。今日の予約分に関しては、生徒さんが自分で振替の時間を選べるように、もうちょっと先のてきとうな場所に振り替えておくので、必要なら自分の予定に合わせて、自分で変えてくださいね。時差の関係上、ややこしいので自分で設定をお願いします。また、私がランダムに置いた時間が完ぺき!という場合は教えてね!そしたら私も心の準備ができるから。お返事待ってます!

英語が苦手な方へのアドバイスですが、日本語と同じように、すっごくへりくだった書き方・喋り方をすると舐められるし、先生としてレッスンの舵を取っていかなきゃいけないのにその立場が逆になったりします。

なので、英語で話す時は、話し方・書き方を、自分に自信をもって、簡潔に、且つ直球に書いた方がいいです。でもね、直球すぎたら強くなりすぎちゃったりするので、やっぱり英語を勉強することを一番にお勧めしますが…

日本語を教えるって、大体のケース英語が必要だと思うんですよね。でも英語と日本語の単語のチョイスって全然違うし、日本語を直訳しちゃうと「ん?」って言う様な変な文になっちゃうので、自分を守るためにもPreplyやitalkiとか自分も生徒になったりして学んでいったほうがいいですね!

英語はカジュアルな言語だと思われがちですが、実際は違います。日本語と同じように、ビジネスで書く文と、Lineでの友達のやり取りは全然違います。たまに日本人で、そこを間違えて、’cuz’ (= because)とか多用してオフィシャルな場での文を書いている人がいますが、言葉のチョイスできちんとした先生って印象が持てません。ので、ビジネスチャンスを増やせるよう、英語の勉強頑張ってください!

YouTubeとかで、たくさん日本人による英語のレッスンとかありますが、一番いいのはネイティブに習う事だと思います。日本人の外国語学系のYouTuberさんから学ぶことは、「どうやって新しい言語を取得したか」に留めておいた方がいいかなと私は思います。なので、このブログには私だったらどう英語でメッセージを書くかの例を載せているけど、これが今の私のリアルな英語力なだけで、もしかしたらところどころ文法ミスがあるかもしれないので、最悪の場合に参考にするくらいにしておいてください。



2回目以降のレッスンの場合

本当は今、Preplyでレッスン中のはずなんですが、生徒が現れないのでこういう時間は無駄にしないようにブログ書いたり、日本語の質問で答えられなかったことを調べたりして使っています。でも、いつ生徒が現れるかも本当にわからないため、まるまるレッスン時間が終わるまでは、必ずパソコンの前にいて、すぐに反応できるようにしています。

私はもちろん、生徒が出席し忘れたレッスンは例外なくお金貰います。他の生徒にこの時間をあげれたかもしれないですしね!風邪だろうが、お出かけしてようが、シンプルにするため例外はなしです。(これは私の個人的な意見です。)

そして、たまに30分遅れや45分遅れで来るときもあるので、Preplyによるアドバイスは、2回目以降のレッスンで生徒が来ない際は、「20分くらい待つ」と書いてあったんですが、私的にはどうせお金が発生する時間なので、お金が支払われている授業時間内は最後5分だけでも生徒には参加する権利があるかな?と思い、私は1時間なら1時間分常に待っています。 


ちなみにもしかして?と感じたら、授業開始の1分ぐらいに、「こんにちは!」って送って、7分くらい経っても来ないときは、必ず書面で私はちゃんと出席していた旨残しておきます。参考になれば嬉しいのでどんな文か、書いておきます。

「Hi 生徒の名前 san! I will wait for you until the lesson time ends. When you realized, please come see me on Preply Space! 🙂 If you miss the lesson, the lesson will be charged as per Preply Cancellation policy. Hope you make it!

こんにちは○○さん!レッスンが終わるまで待ってるから気づいたら来てね!もしもの場合も、Preplyのキャンセルポリシーに則って、料金が発生します。間に合うといいなぁ!

レッスンの終わり時間に、以下のメッセージを送ります。

It is time so I need to go. See you on the next lesson! Have a great day!

もう時間だから、行くね!また次のレッスンで会おうね!良い一日を!


レッスンの時間が過ぎたらやること

Preplyは、まだシステム的に弱いです。バグもあります。そして、Preplyの先生のFacebookコミュニティーで書いてあったんですが、噂によると、生徒が出席し忘れた・できなかったレッスンを、キャンセル料支払いなしでレッスン時間後にできるんだとか。なので、それが嫌ならそれを防ぐために早めに手を打っておきます。


My Lessonsのタブに飛んで、該当生徒をクリックします。

そして、該当のレッスンの右側に目をやると、3つの点があるのでそこをクリック。

4つの選択肢が出てくるので、「Charge the student」のボタンを押します。

すると、画面の中に、下の写真の様なポップアップが出てきます。キャンセル料を請求する場合は、赤白の「Cancel lesson and charge」をクリック。

すると、こういうメッセージが出てきます。

そして、「先生によって、支払い要求がされました」という表記に変わります。(*一番上の例の写真と生徒が異なります。スクショするの忘れました!)


ただし!!!

これをやっても、一度も72時間後に自動に支払われたことがありません。毎回Preplyのオフィスに72時間後クレームをいれます。

1年経ってもこれは改善されないです。ちょっとイライラ!手数料くそ高いくせに!


最後まで、お読みいただきありがとうございます!ではまた次の記事でお会いしましょう!良い一日をお過ごしください!

You may also like these!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です