maple-leaf
カナダ / Canada

【カナダ移住】国際結婚カップル書類の作り方

ケベック在住主婦ブロガーHarupakaです。私たちは2019年8月28日にやっと書類作成を完成し、2019年10月25日にカナダ連邦政府から次のステップに行っていいよという連絡を貰いました。すべて自分たちで書類作成をしています。弁護士など、代理人にお願いは一切していませんので、自分たちで調べたことすべてをこれからカナダ移住を考えている国際カップルの皆様の助けになれるよう、シェアします。しかし、政府の求める書類情報など、頻繁に変わるとも言われていますので、自分でカナダ政府のサイトの情報を読み、その上で私たちの経験から参考にできる部分だけを抽出して行ってくださいね。


カナダ連邦政府へ出す書類

Google Chromeでは、カナダ政府のウェブサイト上のPDF書類をダウンロードできないので、書類をダウンロードの際は、Internet Explorerを使用するとダウンロードできます。書類ダウンロードには、書類のIMMから始まる名前を検索すると出てきます。必ず、カナダ政府が発行のページからダウンロードしてください。


結婚して籍が入れてある夫婦・Spouseなら
  • IMM5533 Document Checklist Spouse (Including Dependent Children)
事実婚・Common-Law Partnerなら
  • IMM5589 Document Checklist Common-Law Partner (Including Dependent Children)

このそれぞれのチェックリストに沿って、必要な書類を集めていきます。チェックリストと1,2枚の提出書類こそ違うものの、その他は同じ書類を作成・提出していきます。全部の書類が出来上がって、最後にカナダ政府へ書類を郵送する際に、このチェックリストにサインをして提出する必要があります。ですが間違えや書類の欠陥を減らすため、まずはメモ用として印刷しましょう。そして、最後提出間際に、書類のアップデートがないかの確認もしつつ、新しく印刷をしました。


私=日本国籍、スポンサーを受ける側、Sponsored Person  

彼=カナダ国籍、スポンサーする側、Sponsor


結婚して2年以下の夫婦は、Common-Law Partnerと同じような証明書類が、結婚2年以上より必要になるようです。


IMM1344 Application to Sponsor, Sponsorship Agreement and Undertaking

これは彼が記入します。

特筆するような点はありません。ただ質問が多くて一瞬嫌な感じがしますが、質問は基本的なことです。

後に、彼のEメールアドレスに、この書類の結果が送られて来ましたので、スペルミスがないか必ず確認しましょう。



Application Fees

書類が完成してから支払いを進めることをおすすめします。支払いが完了したら、Eメールアドレスにバーコード付きのレシートが届くのでそれを印刷して申請用紙の束に入れます。

永住権申請費(内訳は下記)
Sponsorship fee ($75), principal applicant processing fee ($475) and right of permanent residence fee ($490)
$1,040 CAD
Work Permit申請費
Open permit holder fee ($100) and work permit fee ($155)
$255 CAD


IMM1283 Finantial Evaluation

子供がいる、且つケベック州以外の方が対象なので、私たちはチェックリストにN/Aと書いて終了です。



Class of Application

永住権の申請と同時に、Work Permit(労働許可)も併せて出す方は、「I am also including an Open Work Permit application」のYesにチェックを入れましょう。すぐ働かないにしても、カナダ国内申請なら同時に申請してしまうことをおすすめします。Work Permitを持っていることで得られるメリットが半端ないからです。

Open Work Permitがあれば、SIN(Social Insurance Number)が貰える。そうすると、
  • カナダで銀行口座を作れる
  • 日本の運転免許証を、現地の免許証に変えられる
  • 仕事が出来る
  • (ケベック州の場合)政府からお金の援助も貰える、無料のフランス語学校に通える


IMM0008 Generic Application Form for Canada

これは私についてを記入します。

Personal Details

3.【UCI】もし学生ビザでカナダに入国した方は、自分の学生ビザ原本を見てみてください。そこにUCIがあるので、その番号を記載します。

8.【Place of Birth】「都道府県」を書きました。日本は本籍が市ではなく都道府県かなと思ったので。

10.【Current Country of Residence】カナダ国内申請なので「カナダ」。いつまで滞在と言うのは、余裕を持って、でも今持っているビザの有効範囲内で適当に書きました。お金を支払う際に、今回入国でしようしたビザの延長が出来るので、あまり気にし過ぎなくても大丈夫かと思います。

11.【Place of your last entry to Canada】Montreal Airport

12. 【Previous Countries of residence】: 過去5年に、日本以外に住んでいた場合、その住所を書きます。私はアメリカの交換留学とカナダの彼のところでワーホリをしていたので、その際の住所と期間を記入しました。

13. b) 【Provide the date on which you were entered into the common-law】: 事実婚は1年同棲することが必須なので、彼が私と日本で暮らすために日本に来た日からちょうど1年後をその日に選びました。

Passport / National Identity Document

どちらもパスポートの情報を書いておきました。

Validateしてから印刷し、サインを忘れないように付箋でどちらのサインが必要かを記しておきましょう。



Country Specific Requirements

日本は、「戸籍謄本」と「改製原戸籍」です。両方とも、日本語なので、翻訳業者に翻訳をお願いして、何か書く欄が足りなくて、自分で紙を追加した場合は、チェックリスト内ここのしたのとこにその書類番号を記載します。ここは「Country Specific Requirements」という区切りですが、「戸籍謄本」と「改製原戸籍」とは書きません。また後ほど、チェックリスト違うところで項目が出てきます。



IMM5406 Additional Family Information

私の家族の情報を書きます。

みんな基本的に、パスポート記載の英語の名前・日本語の名前を書きます。

Applicant = 私

Spouse, Common-Law Partner, or conjugal partner = 彼 カタカナで名前も書きました。

父・母・兄弟・姉妹もみんな記入します。メールアドレスも求められているのでみんなの分を書きました。



IMM5669 Schedule A Background/Declaration

私について記入する書類です。

1. UCI:もし学生ビザを取得してカナダに入国したなら、学生ビザを見ると自分のUCIが記載されてます。それを記入。


2. Application Number:何のことか分からないので「N/A」と記入。


Personal Details

2. 私のフルネームをパスポートの記載のように。


3. 父親の情報:
【名前】パスポートに表記されているアルファベットで
【Town/City】ここ悩みましたが、私は常に出生地は都道府県で統一しました。
【Date of death】まだ元気にいきているので、空欄です。
 母親の情報:
【名前】[★注意] 母親の苗字は、旧姓です。母が生まれた際の苗字です。ローマ字で。


5.Educational History:起こった時系列順に記入
Elementary/Primary【9】(小学校6年+中学校3年)
Secondary/High School【3】
University/College【4】(休学1年は抜いて記載)

【高校】
卒業証書なので「Certificate」
高校名は「○○ Senior High School
Field of Studyは普通科なので「General

【大学】
入学・卒業した日記入。
四年制大学なら、「Bachelor

【交換留学先大学】
留学の期間を記入。交換留学なので上の日本の大学と期間の一部ダブってます。
Level of Education: 「Study Abroad (Exchange Student)
Field of Study: 語学だったので「Art
Certificate」を貰ったのでそれを記入。

【ワーホリ時の語学学校】
通った期間記入。
Level of Education:「Language School」
Field of Study:「English」英語のクラスだったので。

【書類作成時に通っていた語学学校】
通い始めた期間のみ記入。まだ終わっていなかったのでToは空欄
Field of Study:「French」フランス語のクラスだったので。
まだ卒業してないので証書欄は空欄


6. Personal History:最新の情報から過去に遡って記入。
28歳以下の方は、18歳からの履歴、それ以上の方は過去10年の履歴を記入します。
前のEducational Historyと内容が被っても問題ありません。その期間中全ての事を書きます。

【仕事をやめて渡航準備中】
「Unemployed」
Activity:「Prepared to depart for Canada
Status in Country: 常に国を記入するので、その国でのそのときの状態を書きます。

私の場合、大学生の時に交換留学をしたり、ワーホリをしたりでイベントがたくさんあったので、書くスペースが足りませんでした。なのでワードやGoogle Docsを使って別の紙に続きを記載。特に決まった書き方はないので、表を入れて、簡潔に書きました。


10. Addresses
28歳以下の方は、18歳までの履歴、それ以上の方は過去10年の履歴を新しい順に記入します。

これも細かく書きました。実家にいた頃、留学してたホストファミリーの家の住所、アメリカでインターンしていた時の寮の住所、実家の住所、遠距離中に冬休みの3ヶ月間カナダの彼の家に訪れた際の住所、実家、東京での一人暮らしなどなど。特に彼との関係の証明にもなるので、カナダに彼に会いに行った際の住所は全て記入しました。イギリスに18歳のときに1ヶ月だけホームステイした際の住所は書いていません。住民票も抜いてませんでしたし、というか、今この記事を書いていて、記入を忘れたことに気が付きました。


全部記入したら、パソコンで署名し、サイン日も記入し、Validateして印刷します。

サインと日にちを書かないことには、Validate出来ませんので、私は他の書類の準備が整って、サイン日が決まってから、日にちを記入し、Validate、印刷をしました。



IMM5532 Relationship Information and Sponsorship Evaluation

これは私と彼両方が記入します。

PART C【2人の出会い・思い出をカナダ政府に語る】

7. Do your close friends, family knows about your relationship?
ここでは、お互いがお互いの両親・兄弟に初めてあった日付けを書きます。

9. Were there formal ceremonies or events to recognize or celebrate your relationship?
Common-Lawなのに、式とか特別なイベントしなくない?とあせったのですが、
「We have not had ceremonies as there was no engagement or wedding.」と書きました。

11.さらに2人の関係を証明するのに付け足したい情報をここに記載
私はこれらを付けたしました。

  • ラインの2人のやり取りのスクリーンショットしてワードに並べる
  • Facebookで出会った頃からの投稿をスクリーンショットしてワードに並べる
  • 2人でキューバに旅行した際の請求書(英語)
  • 2人で台湾に旅行した際の航空券
  • 今回2人でモントリオールに来た際の航空券


IMM5476 Use of Representative

私たちは、誰にも頼まず、自分たちで書類作成したので、「I am not appointing a representative.」にチェックし、終了です。



IMM5475 Authority to Release Personal Information to a Designated Individual

これも関係がないので、「Not Applicable」にチェックを入れ終了。



以上で、IMM系の書類作成は終了です。ここからは必要な書類を外部から集めます。



Supporting Documents for Sponsored Person

私の必要書類です。

【Birth Certificate or Baptismal Certificate】
カナダの日本大使館・領事館で発行してくれます。戸籍謄本1枚が必要です。返却されません!!

【A Copy of Family Booklet】
これが、「戸籍謄本」と「改製原戸籍」のことです。
私がこれらの翻訳をどこでしたかは、別記事「カナダ移住の知恵」に書いてありますので下のリンクよりそちらをご参照ください。思ったより安くカナダ現地で翻訳してもらえました。



Police Certificate

これは、カナダに着いてからでも、日本大使館または領事館で手に入れることが可能です。申請から取得まで2~3か月かかりますので、これは早めに申請を済ませておくことをおすすめします。大使館・領事館で、手に黒いスタンプをつけて、指紋を採取します。これに手こずる方も多いので、時間に余裕を持って大使館・領事館を訪れましょう。 時間はかかりますが、手続きが「無料」なんです!詳しくは、お近くの日本大使館・領事館のホームページをご覧ください。

持ち物:パスポート、カナダに滞在しているビザ



Photos

私の顔写真2枚パスポート用を、近くの薬局で取ってもらいました。写真の後ろに撮影日の日付スタンプが押されるので、出来るだけ他の書類が出来上がってきてから、後のほうに行きましょう。その日にすぐに写真は出来上がります。


Proof of Relationship to Sponsor (事実婚のみ)

一緒に12ヶ月以上住んでいることを証明するのに使ったもの2つ

  • 日本に居た際の、私:源泉徴収書、彼:日本の在留カード(英語に翻訳)
  • カナダの住所で2人の名前記載の携帯電話の契約書

2人の思い出の写真20枚

撮った場所・時間の異なる最大20枚の、2人が写っている写真。各写真裏に私の名前・生年月日・どんなシチュエーションかを英語で簡単に書きます。私は、写真を撮った日にちも、更なる証明のため書きました。


更なる関係の証明2つ

  • 私の名前記載の彼の保険の契約書
  • 共通の友達2人に英語で書いてもらった、2人の関係を証明する手紙

カナダ連邦政府に提出する書類は以上です。いざ自分たちでやってみて、思ったより難しくなかったです。大金を支払ってまで、誰かに頼む必要はないなという印象です。逆にその代理人に頼んでも、自分たちがどうせ書類を用意しなければいけないし、代理人さんの仕事ってそんな難しくないことを大金貰ってやるなんて、なんていい仕事!とぶっちゃけ思いました。


You may also like these!

1件のコメント

  1. […] 【カナダ移住】国際結婚カップル書類の作り方 […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です