オンライン日本語教師

Preply なんかちょっと生徒と合わない

こんにちは!ケベック在住のHarupakaです。


最近Preply関連のネタ続きです。

オンラインで先生をしていて、ほんとにいろんな人がいるなぁと感じます。先生を始めたばかりの時は、来るもの拒まずでやっていたのでよく頑張たなぁと1年前の自分に言ってあげたいものです。


さて、今日こんな記事を書こうと思ったのは、今日の朝のレッスンのこと。去年の5月くらいからほぼ毎週、10月からは週6日くらいレッスンを取ってくれていた、ヨーロッパの生徒さんにさよならをしました。


その方とのレッスンは本当に楽しかったし、進歩もすごく見えて私も嬉しかったんですが、一つ問題が。

思い込みや気分の浮き沈みが激しくて、たまにすごく攻撃的になるところ。


今まで私が出会ったことのないくらい浮き沈みが激しい人で、これまでに今日を含め4回こういうことが起きました(うち3回八つ当たりをされました)。最初3回の機嫌がめっちゃ悪かった理由は、私ではなくプライベートなことだそうです。まぁ、1回ならわかります。人生いろいろあるよねって。でも、限度ってあるじゃないですか?それに、なんで私がサンドバッグにならなきゃいけないの?

私の旦那ですら、出会って8年私にそんな態度をとったことが一度もありません。なので、他人にそういうことをされ、私的にはちょっと衝撃でした。きっと人に恵まれているからなのかも。


実際、4回ともレッスン中は、プロフェッショナルに、ずっと笑顔を絶やさず頑張りましたが、ホワイトボードに文字を書く私の手が震えていました。怖すぎた。質問の仕方も、ずっと態度が超悪い。私は3歳の子供の生徒がいますが、3歳の子は私をたまに画面越しに蹴ったりパンチしたりしますが、まぁいやいや期だし問題ありません。その3歳の子と、この方だけかな、態度にちょっと難ありなのは。


今日、その生徒の機嫌が悪かった理由は、昨日のレッスンの時、最近私がYouTubeにアップしたケベックのコロナ状況のレポートを見て、私がリポーター的なことをやりたいのかなと思ったらしく、その生徒は最近ヨーロッパからアジアに引っ越したのですが、東南アジアのコロナ(日本じゃない、私の未知の国)についてビデオを作りたいなら、その生徒が撮影した東南アジアのコロナの状況を私に提供するよと、言ってきました。


その話をして、レッスンが終わって数分経ったらシナリオが既に書かれているPDFで、私がその生徒にインタビューするみたいな原稿が送られてきました。(私全く頼んでません。)ちょっと考えてみたけどなんで私が東南アジアについてやるの?って思ったので、「オファーありがとね!でも私のチャンネルの内容に合わないし、大丈夫です。ありがとう!」みたいに返事をしました。


そしたらね、なんか「じゃ、日本語のビデオ頑張って。」みたいな暗い皮肉っぽいメッセージが来たので、なんか嫌な予感がしました。

直感が結構当たるんです。人の表情、文のいつもとの違いなどなど、敏感に感じます。


そしたら案の定、今日の朝のレッスンですっげー機嫌が悪くて、すっげー風当り強かった。頼んでもないことを、どんどん自分の中で大きくされちゃって、挙句の果てにはその態度。私より20歳も上の方です。これが4回目だったし、この生徒の態度によって私の1日はずっともやもやしたまま過ぎていきます。


そして、前日の嫌味っぽいメッセージは、レッスン後すぐに削除されていました。


私も旦那に嫌なことがあったって毎回話して、旦那も嫌な気持ちになっちゃうし、「なんでまだ続けてるのその人?何回目?もう辞めたら?」って言われたし、シイタケ占い2021年上半期を読んだら要らないものを徹底的に捨てるって書いてあったので、決めました。

私は昔から、嫌なことがあっても諦めないタイプ、最後までやり通すタイプでした。すぐに辞めちゃう人・逃げちゃう人がうらやましいくらい、逃げ方を知りませんでしたし、なんですぐ逃げちゃうの?って不思議で仕方ない考えの持ち主でした。

だけど、年を重ねて少しずつ気が付いたのは、逃げたり、やめたりすることも生きる上で大事なこと。逃げるとか、やめるとか聞こえはネガティブだけど、それもきっと私(たち)の思い込みなだけで、本当はそうじゃないのかも!

最近オリエンタルラジオのあっちゃんのYouTubeで、モモっていう本のビデオをみました。私はその本を読んだことがなくて、題名は聞いたことがあるくらいでした。すごく面白いビデオだったのでまだ見てない方は是非!やっぱり時間が一番大切なんですね。そして、残りの人生できるだけ自分が楽しく、幸せに過ごせたらいいなと思います。それも響いて、今回この決断に至りました。



皆さんに言いたいこと、其の一

生徒とは、SNSをシェアしない方がいいと思います。まぁね、私は何人かの生徒に、YouTubeだけをシェアしました。内容が日本語学習的な感じだからです。

InstaとかFacebookとか聞かれるけど、必ずNoと答えています。そんな直接は言わないけど、「もう使ってない」みたいに言います。たぶん後々めんどくさいことになりそうな予感がするからです。私の生徒の知り合いで、オンラインで先生をやっている方は生徒とSNSのアカウントを交換したらしく、口説いてくるようなメッセージが頻繁に送られてきて大変だそうです。Preply上ならメッセージをレポートしてブロックしてもらってさよならができるけどSNSだとプライベートもちょっとばれちゃいますからそういう人には危険です。だし、何したかとかレッスンで話せばいいじゃん?!と思います。


皆さんに言いたいこと、其の二

その生徒さんとの時間、本当に自分が楽しめていますか?私も人間だから、合う・合わないがあります。これはお仕事だから、ちょっと我慢するのも必要かもしれませんが、その人がブッキングするたびに、まじか…ってなるなら、ちょっと考えた方がいいかも。Preplyはitalkiと違って、生徒をブロックすることができません。セクハラとか何かの被害にあわない限り、ブロックしてくれませんので先生から拒むことが難しいです。

先生だって人間だし、選ぶ権利ちょうだい!

そんな時に私がすること


1.値段を上げる。
(最悪、値段が上がったら続けてもいいかなという程度の場合におすすめ)

最初、男子大学生が、いつもレッスン中に、マッチングアプリや日本の「エロティックな」文化について持論を述べたり(英語で)、さらにわざわざ批判をしたりするくせに、一貫して「自分は好きじゃない」の一点張り。もう笑える。好きじゃないなら不快だからその話毎週聞かせないでと思いながら最初の頃だったからなるがままに聞いていました。いつもそういう不快なトピックで、私もイライラし始めていたから「嫌い嫌い言うけど、いつもその話しかしないから好きなんじゃん」と何度か抵抗していました。値段上げたら去ったので良かった!黒歴史。


別の生徒の場合。早く行動に出ないと、大きなパッケージ買われちゃったりするんですよ!2020年8月に、2020年10月から20$→25$に変わりますよと案内を出しました。そして、2021年1月(実は今日)やっとパッケージを使い切ったのでやっとさよならか、値段変更ができます。まぁどっちの結果でもいいやって感じで、正直あまり心配はしていません。


2.続けたくない理由がネガティブ且つ後のレビューが怖い時

Preplyは、生徒さんが書いたレビューがたとえウソであっても、Preplyは生徒優先なので消してくれません。最初のレビューが、こうやって、でたらめのネガティブなことを書かれてしまったら、Preplyで新しい生徒が来ることはなかなか望めないかも…なので、気を付けなければいけません。

まずは、自分を守るために私だったら、Preplyに相談して、「この生徒をもう教えたくないんだけど、、、悪いレビューを書かれないか怖い」と相談しておきます。(自分が悪いなら、わざわざそんなことはしません。)で、その後にその対象生徒にメッセージを送るかな。

どんなメッセージがいいのか難しいですね。微妙かもしれないけど、私が過去に1回やったのは、

  1. Preplyに相談
  2. 「大丈夫だよ!じゃあ、生徒に続けられないってメッセージ送って、返金についてPreplyにコンタクトしてって伝えてね!」とPreplyからメッセージ
  3. (え、私が?こういう難しい会話Preplyが仲裁してくれないの?じゃぁ…と、言われるがままにメッセージを送りました。)

メッセージは、「ごめんね、悪いんだけど今後教えるのを続けられなくなっちゃった。残ってるクレジットは、Preplyに相談して返金してもらってね!日本語の勉強頑張れ!」みたいな、はっきりと理由は書かないメッセージです。


その生徒さん嫌だなと思った理由が、Weeklyブッキングをしているくせに、いつもキャンセルポリシーギリギリ(レッスン時間の5時間くらい前)のキャンセルが毎回で、私もお金貰えないし、その時間が他の生徒にあげれたのに彼女が直前までキープしててそれができないのが何回も繰り返されたからです。

キャンセルの理由もひらがなの練習が間に合わなかったからキャンセルするねって、私のこともう少し考えて?とイライラしてきていたので、さよならしました。さよならする前に、ドタキャンするならWeeklyのブッキング解除して1つずつブッキングしてねってメッセージ送っても、全然分ってくれなかったから、「もうだめだこりゃ、時間の無駄」と思いさよならしました。


3.正直に続けられない(その理由もできれば)と伝える

素敵な生徒さんだけど、自分のせいで続けれないときは、こっちです。

日本人の方がメッセージを私に下さって、少しの間英語を教えていましたが、私は教えるために英語を学んだこともないし、まだまだ文法も単語も危ういところいっぱいあるし、自分の力不足が申し訳なくて、正直に当時の気持ちを伝えました。

その方、いい先生に出会えていますように!


出会いもあれば、別れもある。学生の頃は1年でそんな変化が当たり前に来ていましたが、大人になった今は自分で人間関係を可能なら整理しましょう。人を幸せにできるのも人だし、反対に悲しませたりできるのも人です。どんな出会いにも意味があるんだなと学んだし、別れも悪くない!誰か次に待っている良い人に巡り合えるかもしれませんからね!

You may also like these!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です