Others カナダ / Canada 英語 / English

オンラインでカナダトップ大学の無料ファイナンスコースを受けよう!

こんにちは!ケベック在住Harupakaです。大学を卒業し社会人になった今もこれからもずっと、「学び」を続けて行きたいというのが私の人生の一つの目標です。最近は少しずつ「お金」について考え始め、これから資産運用もしていきたいのでちらほら学び始めています。


さて、そんな中、カナダのトップ大学であるMcGill University(カナダ国内トップ2、世界大学ランキングで日本の京都大学より少し上に位置する)が、オンラインで誰でも受けれる入門編の個人用ファイナンスコースを展開していることを知りました。

メインのターゲットは内容的にもカナダに住んでいる人ですが、それ以外の国の方も、ファイナンシャルリテラシー(お金に関する用語)など、投資や資産運用を始める前に知っておく必要がある基本的な知識を学びたいという意欲があれば歓迎だそうです!

世界的にもトップレベルの大学の講師が、我々初心者にとても分かりやすく教えてくれます。

モジュールは1~8まであり、全部やり通すとCertificate(終了証)がもらえ、LinkedInを持っている方はそこに貼ることもできるらしいです。


受講の流れ

ビデオを見る(または、スクリプトを読むのでもOK)

モジュールによって、ビデオが3つあったり、2つだったり異なります。ビデオを見たくない場合や英語で何を言っているのか聞き取れない際は、各ビデオの下に話している内容と全く同じスクリプトが下の写真のように隠れているのでそちらも利用してください。


全部ビデオを見終えたら、理解したかのテストがあります。テストは何回も受け直すことができ、80%以上合格で次のモジュールに進むことができます。


回答があっていても間違っていても、解説が毎回出るのできちんと最後まで理解できるようにフォローがされています。


授業だけじゃない、ファイナンス用語解説も


過去のファイナンス関連の記事も読める


授業はもちろん英語です。語学留学ではなく本当の留学がオンラインで、しかも無料で体験できますよ!先生によって英語のアクセントも異なるので、将来海外で働きたい方はリアルな海外の様子が見れます。世界を舞台に活躍したいなら、例えば「アメリカ英語だけ分かる」ようなことでは通用しません。ビジネスの相手はアメリカ人だけとは限りません。多少アクセントで聞き取りにくい場合でも、映像がうまく作ってあるので文字を見たりして理解しやすくなっています!

そして内容がおもしろい!住宅ローンがお金を未来から現在にタイムトラベルさせているなんて概念、今までの私にはありませんでした。まだ3モジュール目ですが、ここまででも十分学びがあって、分かりやすくて、しかも楽しいです!


https://www.mcgillpersonalfinance.com/


私は8月1日からのFall 2021に申し込んだつもりでしたが、申し込んだ時点で受ける資格が始まるみたいです。コース期間内に終われなくても最初に登録したのと同じメールアドレスとパスワードを使えば、次のコース期間中も途中から続けることができるそうです。



追記

受講し終えました!


何とかやり切りました!特にModule4辺りから個人的に難しくなってきて、一番難しかったのが最後のModule8。聞きなれない単語や、聞いたことがあっても私が知っている意味以外での使われ方をしていて全部を理解するまで3回は見直しました。もちろんテストも何度か受け直し、「完全に自分の頭で理解する」が目標だったので無事達成しました!


こちらのコースは、主にカナダ在住者向けのコースなので、一部カナダ在住者にしか関係のない言葉が出てきます。私が分かる範囲で以下に記しておくので、カナダ以外に住んでいる方は、この以下の単語は理解しなくても大丈夫です。

High Interest Saving Account

カナダで銀行口座を持つと、同じ名義内にChequing Account(各支払いをしたり、送金する際に使う基本の口座)とHigh Interest S@ving Account(預金額に応じて利息がつく口座、送金はできないけどChequing Accountへの出し入れは自由)があります。


TFSA

日本で言う、NISA(ニーサ)に似ている投資用に使う口座の名前です。


RRSP

カナダには給料から差し引かれる積み立て年金のようなシステムがありますが、それとは別に自分の意志で長期投資という名目で資産を運用する年金の種類があります。このRRSPはカナダで所得税を1回も納めていないと始めることができません。なのでカナダで働き始めて2年目からこの投資を始めることができます。私も最近やっと始めました!RRSP内のお金は、その年の所得税支払い対象額に入らないので、私も今年度の税金対策に私が現在RRSPに投資できる最高の7000ドル(70万円くらい)を入れました。既に別の記事で昨年度分の年収を出しているので、具体的な数字を書きました。RRSPに入れれる額は、その人の収入によって異なります。タックスリターンの際に、いくらまで入れれるかが確定するので、自分の前年のタックスリターンのレポートを見てください。

例)現在2021年7月。RRSPを始めるには、2020年分のタックスリターンのレポートを参照。必ずそこに翌年度のRRSPの限度額が記載されています。



ファイナンシャルリテラシーが身に付いたので、次は10万円分株を買ってみようと思います。どうなるかは分かりませんがせっかく学んだことを使わないと忘れるだけなので、この10万円は良くも悪くも勉強代と考えることにします。気になっているアプリがあるので自分で使ってみてお勧めできると思ったらまた記事にします。


それでは、一生懸命生きるんじゃなくて、賢く生きましょう!

You may also like these!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です