オンライン日本語教師

オンライン日本語教師の1年目の給料

ケベック在住主婦ブロガーHarupakaです。今回は、日本だったらちょっとタブーなのかな?と思いつつ、自分だったら知りたいし(笑)他の今から始めようかな?と検討している方の将来の選択の後押しになれればいいなと思って、公開したいと思います。


まぁカナダではみんな自分の給料や投資など、お金のことを積極的に公開してるからそんなに抵抗もないのでどうぞ参考にしてくださいね。


ただし、これはあくまでもド素人から始めたコミュニティーティーチャーの私の例であって、平均がいくらかなんて分からないし、多いか少ないかすらわからないので、誰かほかにも私も公開してもいいよっていう先生方がいらっしゃいましたら、コメントに追加していただけるとオンライン日本語の先生の収入額の資料になるので、よろしければお願いします!


私の場合、Preplyは2019年12月27日から、italkiは2020年1月1日から先生をしています。なので、まるまる無事1年目が終わったばかりです。ちなみに両方のサイトで行ったレッスン時間は、一年で合計約2130レッスンでした。この1年を通して、最初のころと比べると、年末はレッスンの値段が2倍にまでなりました。最初は、13$(Preply手数料引く前)で、徐々に上げていって半年後位からみんなの平均が1時間25$の設定です。一番高い生徒は30$です。

さらにPreplyは、各生徒につき初回のレッスンが0円なので、一回しか受けなかった生徒も含め、74人受け入れたので、74時間(普通のサラリーマンの2週間弱分の勤務時間)は望まないボランティアに終わっています。

いまは、それが嫌なのでPreplyでは新しい生徒の受付をしていません。


Preplyitalki
始めた日2019年12月27日2020年1月1日
1年間の授業数約1330約640
1年間の給料約21,000USD約12,400USD

上の図の様な結果になりました。合計で、33,400USDくらいでしょうか?日本の感覚だと330万円あるかな?くらいです。結構リアルでしょ?女性の若手正社員だとこれくらいですかね?まぁ未知の世界(私は貿易系出身です。日本語関係ねぇ!)で1年目にしては、悪くないかなと思います!

だけど私の住んでいる所はカナダです。給料がUSDなので、現在のところカナダドルとアメリカドルだったらアメリカドルの方が強いため、ざっと計算してもカナダドルに換算すると40,000CADくらいはあります。


なので、カナダでの感覚としては、年収が約400万円はありました!やった!ここから更に、納めるべき税金を納めます。

今年2021年はもうちょっと働く時間を減らして。せめて2連休を月一回は欲しいなと考えているので、どうなるか全く分かりません。

今のレッスン料が私の1時間25$より低い方は、大体この約330万円に満たない額になりますかね?それか、レッスンが安くても本当に毎日休みなく且つ1日10時間とか働き続ければ可能かもしれませんが、生きている意味が分からなくなりそう…
ざっと見た感じ、ほとんどの先生が25$よりも低い額でレッスンをやっているので、生活はどんな感じなんだろう?住む場所や年齢(ローン返済後など)にもよりますが、家賃や食費やを払っているうちにあんまり残らないんじゃないかな?(東京で働いていた時の自分の生活と比較して)


でも、私自身その前年、2019年は、学生としての身分だったしカナダのワークパーミット(就労許可)がなかったので、収入が0円でした。なので1年目から思ったよりも稼ぐことができて働ける喜びをかみしめています!!嬉しい



では、最後まで読んでいただきありがとうございました!今年もよろしくお願いいたします!皆さんにとって楽しい一年になりますように!

You may also like these!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です