オンライン日本語教師

Preply italki 即ブロックの生徒

こんにちは!ケベック在住Harupakaです。


オンラインで先生をしていると、たまに変なメッセージが来たりしますよね。私は極力変な人(後々面倒になりそうな人)とは関わりたくないので、少しでもメッセージを受け取って直感で嫌な感じがしたらブロック、またはリポート(通報的な?)します。



人によってはこれも?と思われるかもしれませんが、なんか直感が当たるときが多いので、私は過去にこんなメッセージを即ブロック・通報しました。


Preply

まずは、Preplyから。

Preplyは、先生が生徒を直接ブロックできません。いまだに。ブロックしたいとなればPreplyに何でブロックしたいのか説明をして、彼らが納得したらブロックしてくれます。が、大抵先生が何らかの被害にあわない限りブロックしてくれません。

過去に、同じくモントリオールに住んでいるインド系の男の生徒がトライアル後のメッセージですっごく馴れ馴れしい、なんかBeautifulとかそういう形の言葉を使ってきて、吐き気を感じました。インドの文化でフレンドリーなのは素敵だと思うんですが、私からすると度を越えていて馴れ馴れしく感じるものも。。

Preplyに「この生徒続けたくない。なんかFlirtみたいなメッセージがきて、気持ち悪い」って伝えたら、内容的には軽めだったから、Preplyは、「その程度じゃブロックはできないから、その生徒にもう(はるぱか)が続けれない旨伝えてね」と言われました。そこで私の怒りスイッチON!

同じモントリオールに住んでいるので、何かあってからでは遅いと思って、Preplyに強く抗議しました。ちょっとオーバーだけど、「Preplyは先生が被害にあわない限り守ってくれないの?なんで、事前に防がないの?」と言ったら、すぐにブロックしてくれました。

1.


なんとなく、このメッセージだけの人は厄介な気がします。マッチングアプリと間違えて使っている輩な気がする!即通報。


2.

これ、私やらかしたやつです。レッスンを取る気がないメッセージだったので、即通報しましたが、メッセージに返事していないのでPreplyから「早く返事しないと、お前のプロフィールを隠してやる!」と脅しメールが来たので、Preplyに「通報したんだけど、こんなメッセージに返事しなきゃいけないの?」的な内容を送ったと思ったら…!間違えてメッセージの人に送っちゃった!


Preplyとのチャットを開きつつ、この人のメッセージを、引用したかったので2つ開いていました。だけど幸い、通報後だったから?未読のまま時が流れています。なので、この失敗から学んだことは、常に、通報→Preplyに相談の順番でやること。


3.

これこれ、こういう人結構いますね。How are youから始まるメッセージの人は、大抵こういう人な気がします。

私は全くあなたに興味ないという言葉は心の中にとどめて、静かに通報しました。こういう人たちに自分の時間を極力割かないために、Preplyの場合は、通報機能を活用しましょう!



italki

この記事を書こうと思ったきっかけが、今朝久しぶりに変なメッセージが来たからです。それがこちら。

1.

私のいつもの直感。なんか嫌な感じがすると思って、即ブロックしました。私の感は正しかったです!この人のプロフィールには、こんなことが書かれていました。

日本人の女性の先生方、気を付けて!私は返信せず即ブロックをしました。なんか危ない!日本人女性を奴隷みたいに思ってそう。(私が抱いたイメージです。)ブロックの仕方は、一番下に記しておきます。


2.

お金払わず、無料で翻訳だけお願いしようとしたせこい人。私は新しい生徒の翻訳はもう、しません。最初はしていたんですが、誰かの仕事を奪ってしまうことになると気づいたからです。プロの翻訳者にお願いすると、我々日本語の先生の時給よりはるかに高いお金がかかるんですよね。それにそういった生徒はなんか信頼できないし。即ブロック。


3.

最後の、「じゃあ君は僕の友達みたいだ」というメッセージで悪寒を感じたので、さようなら。ブロック。ごめんね、本当は純粋に日本語の練習をしたかっただけかもしれませんが、第一印象が私の中で良くなかったので。誰か、この方に「君」を使わない方がいいよって教えてあげていることを願います。


4.

「Ok Google」みたいに「Ok Japanese」って言わないで?!なんでこの人がJapaneseって最後に言ったのかはわかりませんでしたが、なんか不快だったので、さようなら。それに、最初のFriendも引っ掛かりました。


5.詐欺臭ぷんぷん1

レッスンを予約する前から、ラインだって!ラインは絶対に交換しません。


6.詐欺臭ぷんぷん2

日本で生まれ育った私たちは、人を疑わなくても大体の人が幸せな日常を送ってこれていると思います。ですが、オンラインで日本語を教えていると、良くも悪くもいろんな人に出くわしますね。

直接の取引は絶対にしない方がいいです!既存の生徒とも!

italkiを使ったうえで40$だったら、「Why not?」ですが、それ以外は危ない!

以上私のこれまでの変なメッセージ・変な人集でした。なんか、もっとやばいメッセージがitalkiで来たんですが、ブロック+通報したから?もうメッセージが残っていませんでした。


italki ブロックの仕方(ケータイアプリ)

該当の生徒のプロフィールに行きます。すると、右上に3つの点々があるのでそこをタップ。

そうすると、3つの選択肢が出てくるので、BlockをしたければBlockをタップ。

最終確認で、本当にいいの?と出てきますので、意思がかたまったら、BLOCKをタップして完了です!これだけです。italkiはとても簡単です!


オンライン日本語先生の働く環境が良くありますように!

You may also like these!

2件のコメント

  1. ユラユラ の発言:

    italkiでの講師活動を考えている者です。
    すごく役に立つ情報をありがとうございます。
    私自身は英語が好きですが、使いこなせるほどではなく、ネイティブの話から聞き取った単語をかき集めて話の内容を推測する程度で、自分の状況や思ったことを伝えるのは上手くできません。
    なので、言語や文化が全く違う人を相手に予期せぬ事が起こった場合、どう対処したら良いのか分からないことの不安が大きくてためらっていました。
    自分の得意なことを利用した講師活動を考えていますが、何が不安かも分からないまま故のためらいが大きかったんです。
    可能性の高い低いに関わらずどんな事が起こるのかがイメージできただけでも私にとって大きな収穫でした。
    harupakaさんのおかげで、自分が何を不安に思っているのか、それに対して自分が取るべき行動と、今後できるようになっておいたほうが良い事が見えてきました。
    今後も新しい情報を楽しみにしています♪

    1. harupaka の発言:

      ユラユラさんコメントありがとうございます!特にこの記事、ネガティブな内容なので書かない方が良かったかな?と後悔していたので、そう言って頂けて安心しました!このまま消さずにいようと思います。:)
      オンラインで先生をするのはもちろんいい面もいっぱいありますが、対人なので悪い面も必ずついてきます。なので、いかに先に問題を想定してそれを防ぐかでやりやすさが全然違ってきますよ!私が先に失敗したことを主にここでは記事に書いているのでよかったら参考にしてくださいね!(じゃないと私の失敗や不快な経験がただの嫌な出来事で終わってしまいます。笑)
      自分(先生)がずっと楽しんでこのお仕事をしていたら生徒にもそれが伝わっていい結果が生まれやすくなると思いますので、ユラユラさんが楽しくお仕事を始めて、続けれるようにして行きましょうね!
      言語レベルもちょっと不安ならプロフィールにその旨きちんと記載した方がいいですよ!色んな人がいるので、色んな期待値があります。その期待値を超えられていたら問題はありませんが、たまに期待に添えられず(特に最初の方は)意地悪で評価を低くされることもあるので、できるだけそう言ったことも防げるようにしておくといいと思います!日本語の先生楽しんでいきましょう~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です