Others オンライン日本語教師

Preply 「TransferWise」で賢く国際送金

こんにちは!ケベック在住のHarupakaです。

今回は、Preplyが新たに導入した、国際送金方法「TransferWise」についてです。


TransferWiseは、Preply以外でも、日常生活で国際送金をする際にとても役に立ちますよ!私も移住前に知っていたら、良かったのにと悔やまれます。カナダに生活費を送るために国際送金を3回くらいしたのに…バカ高い銀行の送金手数料(日本の銀行1回5000円+カナダの受取銀行にもいくらか)を払いました。


私みたいなおっちょこちょいの方は、気を付けて!

TransferWise導入を聞いて、「TransferWise」と検索して一番最初にヒットしたところで間違えて登録してしまいました。広告だとは気づかず、OXFみたいな別の送金サイトに登録してしまいましたので、みなさんは私と同じことをやらないように気を付けてください。

OXFのアカウントを消したいんですが、電話しなきゃいけなそうで面倒なことが増えました…まあちゃんと確認しなかった自分が悪いんですが。


なので!先ほど、きちんとTransferWiseのアカウントを作って、PreplyからUSD50送金してみました。


よかったら!皆さんに嬉しい特典あり

以下のリンクから、TransferWiseのアカウントを作成すると、はるぱかの紹介ということで、800カナダ$分(約6万5000円相当?)のあなたの送金に対する手数料が無料になるらしいので、良かったら使ってみてくださいね!私みたいに別のサイトに登録しちゃうなんてことも防げます。私も800CA$送金分の手数料が無料になるんだったら誰かの紹介リンクから登録すればよかった…

https://transferwise.com/invite/u/e25d875




私のPreplyにもようやくTransferWiseが出てきました。初回ということもあり、どうなるのか怖かったので、とりあえず50ドル分で試してみます。

写真の「CAD」は、私がカナダに住んでいて送金先の銀行がカナダにあるのでカナダドルを選んだ次第です。日本にお住まいの方は「JPY」を選ぶ必要があります。たぶん、ここを忘れちゃうと取り消しできない気がするので注意です!


TransferWiseで使いたい・使っているアドレスを、黒塗りのところに記入します。そして、いつも通りRequest Withdrawal(引き出しリクエスト)を押して完了です。

私は、TransferWiseでアカウントを作成する前に、Preplyから送金しました。何てったって、それまで間違っているサイトに登録していることに気づかなかったんですからね。


TransferWiseアカウント作成前のメール

Preplyから送金をした後に、上の写真のメールを受け取りました。

普通登録していたら、Hello Haruka!って言うはずなのにHelloだけだったのでおかしいなと気づき、ここで初めて違うサイトに登録していたことが発覚しました!よかった!



初回なら、

自分の情報・銀行口座情報等を入力→アカウント作成

登録後・2回目以降なら、

自分のTransferWiseのアカウントに飛ぶようになっています。

というはずですが、ちょっと待ってください!今日また送金をしたら、銀行情報をもう一度入力してって言う風になったので、いまTransferWiseに問い合わせ中です。また情報が入り次第更新いたします。(2021年2月9日はるぱか)

アップデートがあるので、もうちょっと下に記しておきます。(2月10日)




TransferWiseアカウント作成後のメール

TransferWiseから送金申請後すぐに送られてくる上の写真のメールから、「銀行口座詳細を入力して資金を受け取る」をクリックします。

☆私みたいにいつもPreplyから送金した際に「銀行口座詳細を入力して資金を受け取る」のメッセージしか来ない方はずっとこれっぽいです😢


あれ?登録したのに、また銀行の情報入力しなきゃいけないの?


既にTransferWiseのアカウントを作ったはずなのに、Preplyから送金するたびに銀行口座の入力をしなきゃいけないようになってしまっています。TransferWiseに確認したところ、以下の様な返事がきました。


【追記】TransferWiseから、返事が来た!

との事でした。(2021年2月10日)

ということは、Preplyが先生たちの送金口座を登録しない限り、毎回銀行情報を入力しないといけないって言う事なのかな?まだからくりはよくわかっていません。


試しにやってみたこと(変化なし)

これが原因かな?と思うものを一つ見つけたので、設定を変えました。しかし、何もいい結果は得られていません。

先ほどのメールから登録した銀行の情報だと、「受取人」止まりになっていました。写真を撮るのを忘れましたが、設定を変えるまでは、緑の〇のところ(=受取人)に私の登録した口座が入っていました。

上を見ると、自分の銀行口座(グレーで隠してある)という場所があり、ここに何もなかったので、

緑の位置にある自分の銀行情報をクリック

「自分の銀行口座に設定」というボタンを押す

すると、上の写真のように登録した「口座情報」が自分の銀行口座に設定できます。


ただ、この設定後にもう一回送金してみましたが、何も変化がありませんでした。実験は続く…



送金手数料値段ごとの比較

TransferWise 手数料は、送金総額による

「手数料差し引き後の額」記載の数字が、私のカナダの銀行口座に入金されていました。

写真をみれば一目瞭然ですが、送金額に応じて、手数料も変わっています。


この記事の冒頭でも書いたとおり、下のリンクからTransferWiseのアカウントを作成すると、800カナダドル(=約6万5000円)の送金分の手数料が無料になりますので、ぜひ使ってみてください!TransferWiseはレートもいいし、且つ手数料も一時的になくなるので自分の受取額を増やすチャンスです!

https://transferwise.com/invite/u/e25d875





Paypal vs TransferWise

本日、同額(USD40)の送金をしてみました。

TransferWiseでは、私の受取額がCAD50.14になりました。


Paypalは、私の受取額が、CAD49.11となりました。


送金総額がまだまだ低めなので、CAD1.03の差との結果です。


Paypalは、手数料がない。というか、可視化されていないだけで、為替レートから実はたくさん引かれているんです。

反対にTransferWiseは、手数料が可視化されているので一見、「え手数料?なんか嫌だな」と心理的に思いがちですが全体を見ると、TransferWiseの方が我々にとって受取総額をみたら有利です。


別の日でも差を検証

Paypal

TransferWise

レートはTransferWiseの方がはるかに良いですね!




正直Paypalの方が、送金のサービスに関して言えば簡潔でとても使いやすいです。Preplyからボタンを数回クリックするだけでPaypalのアカウントにお金が貯まっていきますので。


だけど、私はお金を増やしたいので当分はTransferWiseを使って様子を見ようと思います。大きな額を送金すればするほどTransferWiseの良さが出てくると思います。



TransferWiseのお金の流れの仕組み

日本語でTransferWiseのオフィシャルサイトによる説明があるので貼っておきます。

https://transferwise.com/jp/blog/how-to-use-transferwise


要約すると、こんな感じかな?

銀行→銀行

あなたは、送金したい人だとします。あなたの日本の銀行が、楽天銀行だったら、イメージはこんな感じかな?ぶたさん🐽は、銀行に取られる手数料を表しています。各銀行はそれぞれ送金というサービスが彼らのビジネスなので、それぞれきちんとした額を手数料として取られます。


銀行→TransferWise→銀行

国はまたぐけど、国境を超えるのを、TransferWise社内でやってくれているので、直接銀行同士の取引よりは安い手数料で送金ができるということですね。大まかに見れば国際送金だけど、楽天→TransferWise日本支社と、TransferWiseアメリカ支社→Citibankは、国内送金と言う仕組みかな?

*私の解釈です。

詳しくは、TransferWiseの公式ホームページでご確認ください。

TransferWiseによると、各送金手数料は…


世の中、誰かのサービスを受ければ当たり前ですが、手数料だらけです。少しでも賢く自分のお金を増やせるといいですね!

では、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

素敵な一日をおすごしください!

You may also like these!