オンライン日本語教師

前日等、頻繁にギリギリの無償キャンセルする生徒

こんにちは!Harupakaです。まず、今回のテーマは、各ウェブサイトによるレッスンのキャンセルルール発動ギリギリ前でのキャンセルや変更を頻繁にする生徒についてです。先生からするとそういった場合、大体キャンセルや変更された時間に新しい予約が入ることって制限時間が短すぎて「死んだ時間」になってしまうことが多いんじゃないかな?と思います。少なくとも私はそうです。

時間枠が商品の我々オンラインティーチャーは、こういう生徒にきっと1度は出くわし、悩んだことがあるんじゃないでしょうか?私は何度もあります。1回なら、せめて2回までなら「まぁいろいろあるよね、人生」って思えますが、何度も「1か月も前から予約してその時間を陣取ってたくせにレッスンの2日前や前日になってギリギリキャンセルするの?!」みたいな感じのことをされると「嫌だな」「またか」「この生徒バイバイしようかな…」など悩みの種になります。


そんな時にわたしがすること

結論から言うと、何もしません。

「え、何もしないんかい!」と思った方。あるとき私は気が付きました。

例えば、実際にあったことですが、「おひるごはんの時間を取り忘れて朝から夜まで休みが一切なくなってしまった日」。その日を迎えるのが怖くて、でも自分で生徒にリスケジュールを頼むのも嫌だから死ぬ気で乗り越えようと思っていたら前日、ギリギリおひるごはんあたりのレッスン時間の変更リクエストがきました。

これほど嬉しかったレッスンの時間変更リクエストはありません。そして、それを機に普段は「またかよ。」って思えてくる、正直うざい頻繁な変更も、私のこういった都合次第で自分の受け取り方もこんなに変わるのかと驚きつつも学びました。

なので私が決めていることは、「各ウェブサイトが決めているキャンセルのルールにただ従う事」というとってもシンプルだけど、結構守るのが難しいこれを徹底して守っています。

キャンセルのルールに則って、生徒がレッスンの25時間前(キャンセルのルール発動ぎり前)に変更してもそういう契約だからしょうがない。もう何も考えません。

そして反対に、italkiならレッスン時間24時間以内の変更、Preplyなら4時間以内の変更は、生徒が「風邪」だろうが「他に用事ができ」ようが変更を一切しません。

ただ、レギュラーの生徒で、「同じアパートの火事によって家に帰れなくて、レッスンに来れない」という連絡を事前に写真付きで頂いた場合は、生徒にとっても不可抗力だし安全第一なのでこういった場合は私もさすがに返金のオファーをしました。


私も変更する

そして生徒が良く変更するように、今はコロナで外出が少ないのであまりありませんが、恐らくコロナが引いたら私も「やっぱりその日外出したい!」とか「旦那が休みだから私もやっぱり休みにしよ!」って時が出てくると思います。なのでそういう時にこっちも変更させてもらおうと思っています😉

一回、旦那がカナダの祝日を教えてくれずに(それ以来自分で調べるようにしました)、普通に朝早くから仕事の日にしてしまったので、生徒にこの日休みたいと伝えそうしました。


フリーランスの良いところは自由に働けること。自分で自分の首を絞め過ぎずに、肩の力をもうちょっと抜いていきましょう!

You may also like these!

5件のコメント

  1. そら の発言:

    Harupakaさん、お久しぶりです
    Preplyのプロフィールの事で困っているので、お時間ある時に教えて頂けると嬉しいですm(__)m
    最近、プロフィールを更新しようとしたら、Remove mentions of free offers to submit successfullyと出て
    きて更新できませんでした。free talkとかの言葉を消したり、色々試しましたが出来なくて…
    サポートセンターに問い合わせました。するとまたしても、スタッフをたらいまわしにされ全く解決せず、さいごのスタッフが 僕がプロフィールの文章をチェックするから全部送ってと言われたので
    送りました。そこから一週間以上経ちますが 返信なしです
    再度、催促のメッセージをしたり、新たに質問したりもしましたが返事がありません…
    以前は、スムーズにどんな言葉でも更新できていたのに、、ルールが変わったのか??わかりませんが 本当に困ります
    そして、生徒が初めて講師を検索した時に見るプロフィールの文章が正しく表示されていません
    文章の順番がバラバラになっています。私のページにいけば正しい表示になっていますが
    生徒が初めに目にするところなので、正確に表示してほしいのですが、この問題も以前何度も言って
    直っていたのに、以前更新したタイミングでまたバラバラになりました
    理由は分かりませんが、サイトを見たら、バラバラになっている講師と、なっていない講師が見れます
    これは問い合わせたら、正しく表示されていますと言われるだけで直してもらえませんでした
    多分、私のページを開いた状態を見て言われたんだと思います…
    どうしたらいいと思いますか?Harupakaさんならどうしますか?
    英語でどのように言えば、より伝わりますでしょうか?
    このまま、プロフィールをずっと更新できないのかと思ったり…
    申し訳ありませんが、アドバイスよろしくお願いしますm(__)m

    1. harupaka の発言:

      そらさん、こんにちは!
      問い合わせたら、正しく表示されていますと言われるだけで直してもらえませんでした
      → 私なら、この場合スクショを撮って説明します。「ほれ、みい」みたいな感じで。
      Preplyのオフィスが確か英語圏じゃないところにあるようなので
      スタッフ全員が英語のネイティブとは限らないと思います。
      なので我々日本人がしちゃうように、文の見落としとか、例えば「look for」って書いてあるのに
      「look」と思い込んじゃったりそういうミスがあると思うので
      スクショが一番手っ取り早いかなと思います!

  2. そら の発言:

    Harupakaさん、お返事ありがとうございます
    もちろんスクショも何度も送りました(T_T)
    更新すれば直る可能性があるので、更新したいのですが上記のメッセージが出るようになり
    更新が出来ません
    以前一人のスタッフが、free talk がダメと言ったので消して、ほかの言葉にしました
    でも更新できませんでした なんらかの言葉が引っかかっているようですが…
    その点に関しては何かご存じですか?
    色々試しましたが出来ないのでメッセージさせていただきました
    お世話おかけして申し訳ありませんm(__)m

    1. harupaka の発言:

      そらさん、遅くなってしまいすみません。
      そうなんですね☹
      私自身、Preplyでプロフィールを公にしなくなってから恐らく早1年がたったので存じ上げませんでした…
      確かにPreplyは、あるキーワード(例えばSkype等)に結構厳しくて、それが変に妨げになりますよね。
      さすがにもうPreplyから返事が来て解決していると願います!

      1. そら の発言:

        Harupakaさんお返事ありがとうございますm(__)m
        やっと一人のスタッフと会話出来ましたが、解決しませんでした…
        多分どんな言葉がダメなのかを把握していないんだと思いました
        念のためYouTubeという言葉を消してみてと言われましたが
        もう、諦めてこのままにしておくしかないようです
        お忙しい中、返信して頂いて本当にありがとうございました
        いつも質問するばかりで申し訳ありませんm(__)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です